管理費が高くなっても欲しい設備・サービス TOP10はこれだ!
~マンションの共用設備・サービスアンケート~

最新レポート
2015年3月9日

0302_2
 
マンション居住者のための情報サイト「マンション・ラボ」を活用し、リサーチ会員として登録されたマンション居住者を対象に、「共用部設備・サービスの満足度調査」を実施しました。
今回は、お住まいのマンションで、管理費が高くなってもほしい設備やサービスについて、ニーズの高いもの・低いものそれぞれのTOP10と、クロス分析の結果についてレポートいたします。

アンケート概要
調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 全国
調査対象者 マンション・ラボ リサーチ会員(30代~60代の主に分譲マンション住民) 2,733名
調査日時 2014年10月22日~10月26日
調査機関 マンション・ラボ

引用の際は、こちらからマンション・ラボまでご連絡ください

調査結果のピックアップ (詳細情報をご希望の方は別途ご連絡ください)

【ランキング】

■管理費が高くなっても欲しい設備・サービスTOP10

ランキング 設備・サービス %
1位 24時間ゴミステーション 34.7%
2位 宅配ボックス・宅配ロッカー 34.4%
3位 駐車場 32.6%
4位 特になし 29.6%
5位 駐輪場 29%
6位 非常用発電機 15.3%
7位 植栽 14.7%
8位 エントランスロビー 14.2%
9位 24時間有人管理 12%
10位 集会室 10.5%

 

【クロス分析でわかったこと(職業、世帯年収、年代、都道府県でそれぞれN=100以上)】

以下クロス分析でわかった結果をお伝えします。

■TOP10について

●TOP10の特になしを除いたすべての設備について、特に60代以上の方が必要性を強く感じている

TOP10の設備・サービスすべてにいえるのが、60代以上の方の支持を特に集めているという点です。いずれも実生活に役立つ、あるいは豊かにするものばかりです。また、特殊な設備といえば6位の非常用発電機でしょうか。地震などの災害に備えておくべきという、防災への意識が高いことがうかがえます。
 

●人気があるのに、ある世代、ある場所では不人気??な、24時間ゴミステーション

見事「管理費が高くなっても欲しい設備・サービスTOP10」第一位に輝いた「24時間ゴミステーション」。しかし、クロス分析を行うと、下記のような結果がみえてきました。

世帯年収200~600万円、年代では40~44歳からの支持が他の年収や世代に比べて低い
一都三県のうち千葉県だけが他県に比べて支持が比較的低くなっている

マンションによって24時間ゴミステーションの運営や管理が異なること、かつ行政によってもゴミ捨てのルールはまちまちなだけに何ともいえませんが、気になりますよね。
 

●防災意識の違いがはっきりとあらわれている!?非常用発電機

欲しい設備の第6位となった非常用発電機は、30~34歳までのニーズが最も低く、年齢が上がるごとにニーズが高まり60歳以上が最も必要としている結果となりました。また、なぜかエリアでは埼玉県だけが著しく低い数字となっていました。防災意識の高低が年齢やエリアにより顕著に出る結果となりました。
 

●年齢を追うごとに需要の高まる植栽

30~34歳までのニーズが最も低く、年齢が上がるごとにニーズが高まり、60歳以上が最も必要としている結果となりました。景観や緑を愛でる心は誰しもあるかと思いますが、「管理費が高くなっても」という条件では、気持ちにゆとりのある世代からのニーズが高い設備といえるでしょう。
 

●60歳以上の圧倒的な支持を集める集会室

理事会の開催や会合などで何かと重宝する集会室。こちらも30、40代からの支持が低いのに対し、60歳以上の方からの支持が圧倒的に高い結果に。理事会運営などに携わることも多く、また住民交流などに活用されているといった背景があるのかもしれません。
 

■ワーストTOP10について

ワーストランキング 設備・サービス %
1位 噴水 0.5%
2位 オブジェ 0.8%
3位 天体観測ドーム 1%
4位 キッチンスタジオ 1%
5位 バー 1.2%
5位 体育館 1.2%
5位 音楽スタジオ 1.2%
5位 シャトルバス 1.2%
9位 サウナ 1.9%
10位 ドッグラン 2%

管理費が高くなっても欲しい設備・サービスのワーストTOP10を見ると、上位1・2は噴水、オブジェとなりました。これは特に活用できる設備ではないため、管理費が高くなってまでは不要という方が多いということでしょう。3~10位までは、利用者が限られる設備やサービスといった印象もあり、必要性をさほど感じないのかもしれません。
ただ「キッチンスタジオ」については、中・大規模マンションであれば備わっているマンションも多い印象もあるために、少々意外でした。管理費が高くなってまで絶対に必要か、という点では、こちらも利用者が限られるケースも多いことから、やむを得ないのかもしれません。

マンション・ラボについて

マンション・ラボは、「マンションに『住まう』を考える」サイトとして、マンションの新たな価値や可能性につながる情報を提供しています。主な特長は以下の通りです。 マンション・ラボ URL:http://www.mlab.ne.jp
 

防災、インテリア、エコ、コミュニティなどマンション居住者の関心の高いジャンルについて、有識者が独自の視点でマンションライフに役立つ情報を随時提供しています。
マンション居住者会員の方を対象に様々なアンケートを実施し、リサーチ結果として情報を公開しています。本アンケートにお答えいただくリサーチ会員には、マンションにお住まいの方ならどなたでも無料で会員登録が可能です。

今後もマンション・ラボでは、マンション生活をより楽しんでいただくための情報サイトとして様々な情報提供やアンケートを実施していきます。また、アンケートにつきましては、さまざまな企業・団体様からのご要望に応じて実施し、集計データをお渡しすること可能です。自社商品やサービスのマーケティングリサーチなどに活用したいお客様は、下記までお気軽にご相談ください。
 

本アンケートの詳細結果、およびアンケート実施に関するお問合せ先

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 
マンション・ラボ事務局 mlab@tsunagunet.com

マンション業界の方に役立つ最新情報をお届けします。