首都直下地震、南海トラフ地震などの巨大地震に対する意識アンケート

マンション・ラボ
2014年12月16日

1216_4「首都直下地震」「南海トラフ地震」など、巨大地震が発生した場合の被害想定が、政府からも発表されています。マンションにお住まいのみなさんは、巨大地震についてどのように考え、どのような対策を行っているのでしょうか?なんと、約4割の方が「自分は無事だと思う」と考えているようです。詳しい結果は以下をご覧ください。

約7割の方が、巨大地震が近い将来起こると考えている

Q1.首都直下地震や南海トラフ地震など、巨大地震発生の危険が迫っているという情報について、あなたはどう思っていますか?(N=2,778)

グラフ読み込み中...

Q2.現在のご自宅エリアで巨大な地震が発生した場合、お住まいのマンションではどのような被害があると思いますか?(複数選択可)(N=2,778)

グラフ読み込み中...

まず、7割以上の方が、近い将来に巨大地震が起こると考えているようです。

どのような被害が発生すると思うかをうかがったところ、「停電する(1,950人)」、「断水する(1,903人)」、「ガスが止まる(1,795人)」と、ライフラインがストップすることを想定されている方が多く、また、エレベータ内の閉じ込めや外壁の損傷についてもたくさんの方が危惧されていることがわかりました。やはり東日本大震災で実際に経験された被害を想定されている方が多いということでしょうか。

次に、自宅での被害想定についてお聞きしてみました。

自宅内で何らかの被害があると想定しているものの、軽微なケガ、あるいは無事だと思う人がほとんど

Q3.巨大な地震が発生した場合、ご自宅の中ではどのような被害があると思いますか?(複数選択可)(N=2,778)

グラフ読み込み中...

自宅での被害については、「テレビの転倒・破損(1,669人)」、「食器棚の転倒・破損・食器類の飛散(1,316人)」、「本棚の転倒・書籍の飛び出し・散乱(1,235人)」を想定している方が多い結果となりました。こちらも東日本大震災の際、マンションで実際に発生した被害事例を想定されている方が多いようです。

続きはこちら>>在宅中に巨大な地震が発生した場合、あなたは無事でいられると思いますか?

マンション業界の方に役立つ最新情報をお届けします。